期待>不安 にするために 50代の起業実録(2)

50代の起業実録

こんにちは、八幡ココロです。

昨日から始まったこのシリーズ、起業実録では、2年前の2019年の春に、「よし、起業しよう」と決め、実際に2年後の今、会社を辞めて55歳で起業した実録をアップしていきます。

主には、その過程で取り組んだこと、学んだことを具体的にアップしていきます。

もしあなたが、定年前、もしくは定年したら起業しようと考えられているようでしたら、ぜひ参考にしてください!

 

前回、1回目では、私が起業しようと考えるようになったきっかけの本をご紹介させてもらいました。

 

ひとり社長の稼ぎ方・仕事のやり方 (アスカビジネス)
ゆくゆくは独立したいと考えている人は少なくありません。 もし、あなたもそんな働き方を考えているのなら、「ひとり会社」の社長になることを検討してみてはいかがでしょうか? 1人会社なら、今の時代、どんな仕事をするのか、どんな人を顧客にするのか、どんな会社と取引を行うのかをカスタマイズできるという強みがあります。 そして、何...

 

今回は、

当時読み漁った本を紹介します

 

期待が膨らんだとしても、やっぱり不安ですよね、研究しますよね。

50代で会社を早期退職して、一人で食っていく道を選ぶって、期待はありますけれど、不安が大きいですよね。

ほんとうに大丈夫だろうか?

どうすればよいんだろう?

って。

 

 

 

 

私もこれくらいは読んだわけですよ。

やっぱりね、本屋さんに行くと目に付くんですよね。

もう、研究して研究して、不安を打ち消し、希望を探すんですよ。

 

いや、もっともっと読んでいますよ ^^) 、会社を辞めて起業ってどうなんだろう、という研究の本がこれなだけで。 

でも、読んでよかったですよ。50代が会社を辞めて起業するという全貌というかですね、なんとなく、やり方があるんだな、と分かったので。

 

さて今回は、この中から3冊のお勧めの本を紹介します。

 

和仁達也さん

これを読むと、コンサルタントの仕事の仕方が分かります。お客様の興味とお困りごと、対応の仕方や、値段のつけ方など。

ちょっと詳しく書いてもらっているので、自分がコンサルになったときの臨場感がでますよ。続編も出ていますが、まず最初に手にするのはこっちの本ですね。

後にclubhouseで私は和仁先生とお話させていただくこともできました。これも引き寄せの法則ですかね(^^♪

年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書
経営コンサルタントは、「大企業を顧客とする戦略系コンサルティングファームに&...

 

神田昌典さん

ものすごく有名なマーケッターですね。アメリカの良書を翻訳して日本で出してくださっています。

その中でもこの本は、起業に苦労して、そして成功していくストーリーが書かれています。うまくいかないときのマインドセットについても書かれていて、そして成功していくストーリーです。

将来の自分に重ね合わせることができますし、勇気がでます、自分も成功できる!と思わせてくれますよ。いつもこの本に戻ることができます、ぜひ早めに読んで、持っておく一冊です!

成功者の告白 (講談社+α文庫)
すべては見えざる法則に導かれていた!カリスマコンサルタントの成功法則が凝縮!! R25編集長絶賛の書!! 売れるタイミング、事業の成長と失敗のきっかけ、持ち上がる数々の難題……すべては見えざる法則に導かれていた!全国1万人を超える経営者に成功法則を伝授してきたカリスマコンサルタントが、そのエッセンスをこの1冊に凝縮!!...

 

今井孝さん

起業って、簡単に成功しますよ、って書いてくれています(^^♪

実際にこの今井さんがそうだったようで、のほほんとしたおっとりした今井さんが成功して、そして成功しますよ、と言ってくれているので、「ああそうなんだ」と、思えます。

起業1年目シリーズを多く書かれていますので、まず気軽に手に取って、この本を読めば気が楽になりますので、これもよろしいかと。 

起業1年目の教科書
起業1年目の教科書

 

では、どんどんイメージを沸かせて、スタート台から前のめりになってください!

 

 

では最後に、私が昨日学んだユダヤ人の勉強方法、

ASTAR勉強法

についてシェアします。

 

ユダヤ人って、世界人口の0.2%に過ぎないけど、世界の富の50%を所有しているそうです。Google創業者のラリー・ペイジ氏や、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグなどもユダヤ系の人たちなんです。

じゃあ、なぜユダヤ人が!ということですが、彼らは成功するための学習法を習慣として持っているからです。それがASTAR学習法、というものです。

私もこれを心がけて学習していきますので、あなたもご参考にされて下さい。ということで、さっそくこの場を使ってT(teachi)をさせてもらいます!

 

A attend 参加する

当事者意識、どう使っていくのか、と考えることが大切です。

S study 学ぶ

ノートの取り方は、ノートにまっすぐ線を聞き、左にはメモを取るだけでなく、右側には気づきや学びを書いていく。

T teach 教える

学ぶだけだと5%しか定着しないけど、誰かに教えると90%が定着するらしいですよ。だから私はこのブログであなたに教えています!

A apply 実践する

学んだことはとにかくやってみる。そしてどうだったか振り返るんです。ここまで読んでいただいたあなたは、まず上の3冊のうちの1冊を手にして読んでみてください!

R review&report 復習と報告

そして周りのメンバーに報告していくんです。そうするとよいフィードバックがもらえます!

 

 

このことを私が教えてもらったのは、このスタートアップ支援大学です。また詳しく書くことがありますが、私はここで1年間学んでいます。

スタートアップ支援大学 – シャイニングステージ

 

 

私はあなたに向けて、ここで情報を発信していきますね。

けれど、あなたもどこかのタイミングで、このようなところで学んだほうがいいと思います。

なぜならば、仲間が増えるから、そして成功者がたくさんいて、あなたのために何かできないかと動いて引き上げてくれるからです。

今、思い切れないならすぐでなくていいと思います。ここだという時に、けれどどうせなら早いうちに参加されるといいと思います。まずは資料などから始められることをお勧めします!

 

 

八幡ココロでした!

 

 

私はここで起業しました!

ジャパンセールスマネジメント【ICHIGAN組織】
社員を育て会社を成長させる実践方法!最強営業チームを作り売上を2倍にするICHIGAN組織の作り方!

コメント

タイトルとURLをコピーしました