奇跡の1年、本当に「カラ元気!」が私を救ってくれました

大人のサロン

こんにちは、八幡ココロです。

終ってみたらいい1年やった

今年の正月の私、1年経って年末の私。

今年一年、私にとってはワヤクチャで色々でしたけど、もがき続けて結果終わってみたら挽回してます。

↑1月、行政書士合格発表

いやー、うれしかった!

50代になっての金星ですね、第2の人生の足掛かり。

↓↓立川異動

まさかの転落、私の会社員人生はこれで終わったって思った

↓↑ボウズの大学入学

不本意入学、しかも予定外の一人暮らし。自分が異動になったことと重なって私は悲壮な思いだった。家族のだれもがそんなことは知らなかったけど。私はそんな気持ちだったけど平気な顔してそうさせた。

結果的によかった、ボウズは活き活きと頑張ってる、友達にも恵まれ勉強も頑張り、バイトも始めよった。月に一回会ってる、立川の時も、今も。18才、大学生となった息子とは男と男の1対1の関係になりつつある、頼もしい。

↓↑町田に住んだ

町田はいい街だった。けれどもここから立川に通った半年、自分はしっかりしながらも、気分はブルーというか、ホワイトな感じで、グッと閉塞感をもってモヤモヤと前を見た半年やったなぁ。

けど、この間にこのブログを始めたんよね。それだけじゃない、この人生の危機感のおかげで改めて自分のこれからの人生を展望し、自分を勇気づけ、計画し、前向きに取り組むことができた。

↑キャリコンの養成講座に通った

自分のスタンスをポキンと折ってしまうような開眼。

↑教室のメンバーとの出会い

これは計画された偶然のように思います、この出会いは意味があると思う、今すでに意味があるし、今後どんな意味を持ってくるか、この縁はほんとうにありがたい楽しみな縁です。

↑大宮異動

また会社でラインに戻った、立川に勤務させられた半年は何だったんだろう?会社生活の絶望から逃れられた、新しいメンバーと共に頑張っている、東北地方も担当エリアとして手に入れた。

↓↑キャリコン不合格

落ちる意味があることを知らされた、これから身に着ける本当のスキルを示してもらった。ありがたい、次につながる。

挽回した秘訣は『平気な顔して過ごした』こと

これが言いたくってね。

54才、人生の重要な局面だったんですよ。明らかに人生の危機でしたよ。

今もそうですけどね、特に今年にあった出来事は。

けど、下向いてショボンとは過ごさなかったんです。

会社の人間にも、上司にも後輩にも誰にでも、半年一緒に勉強したキャリコン養成講座のメンバーにも。

全然平気な顔して、意気揚々と過ごしましたよ

無理にでもこんな態度、こんな行動をとり続けたことで道がまだ続いたんですよ。前向いてます、このブログを読んでいただいているなら分かっていただいていると思います。定年サロンのブログも立ち上げましたね。

50代はきついんですよ。今年3月の異動でガクーン、と落ちましよよ私の人生は。けど前向きに生きることができたおかげで、ありがたい経験を山ほど積んで、年末にして年初より前より良い状態になっています。

本当に私はついています、守られています

 

ありがとうございました、いい1年でした!

 

八幡ココロでした!

2019年大晦日

コメント

タイトルとURLをコピーしました