はじめまして!

こんにちは、タイトルの通り八幡ココロと申します。ここに来ていただいてありがとうございます!

54歳、現役サラリーマンです。そんなあなたにいきなり言うのもなんなんですけど、50代って辛いですよね。

いやぁ、私は辛いですよ、難しい局面が続いています(^^;

そんな私が、

同じ50代のあなたに向けて

不安を解消しながら

豊かな今後の第2の人生を目指そうじゃありませんか!

と、このブログを書いています。

 

  • まだまだ現役、実践ビジネススキル
  • 60才になったら定年になるけど、どうなるの?
  • 仕事はどうしたらいいの?収入はどうなるの?
  • 自分らしい豊かな第2の人生を作りたい
  • 老後を自分らしく楽しく過ごしたいよね

こんな事について書いていきます。

 

定年制度ライフプランマネープランなどで重要なことは書き留めています。

行政書士試験に半年で一発合格した勉強方法や、そこで勉強した家族とのことなどについてなども書いています。

これからは私がここまで経験した貴重な実践ビジネススキルも伝えていきます。

お城巡りも、競馬もお酒の話も(^^)、50代の趣味として書いていきたいと思います。

実はキャリアカウンセラーの勉強もしていたり、ココロと言うように心に関することなども書いていきます。

 

ここまで書いて 

簡単に自己紹介をしますと

営業、事業を中心にバリバリで第一線でビジネスをしてきました。部長として100名の部下・売上100億円のマネジメントなど経験しましたが、業績不振時にブラックなクラッシャー上司にやっつけられて左遷されてしまいました。

昨年53才で一念発起して行政書士試験に挑戦し、半年の勉強で一発合格。

すでに会社で一線から外れている状態でもあるので、定年後に行政書士を開業しようと考えていたのですが、気力体力人脈とも現役の今のうちに起業してもいいのでは?

と考え出しています。多くの成功と失敗の経験を資産として、必要としてくれる中小企業や起業家の力になりながら、第2の人生を過ごそうと思っているところです。

本当に簡単に書こうとしてもこれだけ書いてしまいます。

実は短く書こうと思いながら、ついつい長くなってしまったのでここに置けなかった自己紹介の書きかけが3パターン、消すのももったいないのでこのページの一番下にくっつけています。ご興味があれば見てみてください☺

 

最初は「定年サロン」ということでこのブログを始めたんです

実は以下の趣旨で、「定年サロン」としてこのブログを始めました。伝えたい内容の範囲を広げたいから、ブログの名前を八幡ココロに変えました。けれど、定年サロンの趣旨はそのまま生きてますよ!

 

定年を視野に入れた50代の同年代のために「ここに来れば全てある」、「次の豊かな人生がある」という場所、あなたや私たちのための定年サロンです!

定年退職とは定めた年齢で会社を辞めること、一般的には60歳で一度会社を辞めるという会社との契約のことですね。じゃあ60歳以降は私たちはどうしたらいいのか?

2013年に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」が改正されて、会社は60歳になられた社員に以下の3つのパターンのいずれかの処遇をしなければいけないと義務付けられたんです。

  • 再雇用する
  • 定年退職の年齢を引き上げる
  • 定年退職制度をなくしてしまう

 

けどね、何もまた会社働きしなければいけないこともないんですよ!

  • 起業、腕試し、夢
  • 好きなこと、得意なことを仕事にする

  

ゆっくりしたっていいんです(^^)

  • ボランティア
  • リタイヤ、ゆっくりね
  • 何かにチャレンジしたリ!

 

いっぱい可能性があります、幸せになる方法があります!

 

一方で、

定年を控えている私たちはいろんな不安を持ってもいます

必要な手続きってあるの?退職金の受け取り方、年金、税金、雇用保険や健康保険・・・。

仕事は?お金は?生活は?

それを知って解決しましょう。

 

そこで定年サロンです(^^♪

希望があります!

人生100年時代、これから人生の後半戦としt、やりたかったことをやる新しい人生を、豊かな人間関係の中での第2の人生を生きていきたい!

やりがいのある働き方、楽しく豊かでな生き方が待っています!

トップページからは最新のアップ順に載っていますが、ここではテーマごとにリンクを整理して載せさせてもらいます。

こんな中ではいろいろ書いています(^^;

それって会社都合の一斉強制解雇じゃないの?という記事も、給料はけっこう下がるみたいです、現役の時の1/3になることもザラのようです、会社も再雇用する仕事を提供することが難しくなっていて、実際のところはあまり歓迎していなさそうです。それでも年金がもらえる年齢まで再雇用で働かれる方おおられますし、居心地が悪くて早くに辞められる方もおられます。なんて、ま、いろいろ書いています。

これからも一つひとつアップしていきます、私もいろいろ経験するでしょうからね。

豊かな第2の人生に向けてスタートするための情報発信

の場にしていきたいと思っています。

私は現在54歳の現役サラリーマン

不安を解決し夢のある第2の人生に向かうため

サラリーマンをここまでよく頑張ってきた、そこでふっと60歳を見たときにいろんな不安に対応するため、私は、私と同じ環境にある方々のお役に立ちたいと思ったのです。

  • 私と同じように50歳代で
  • 定年後の生活に不安があり
  • いろいろ分からない人
  • 故郷に残した親のことや遺産のことなどで悩まし人
  • またそれらを解決して第2の人生に夢を持ちたい人

一念発起して行政書士試験にチャレンジして合格しました

ゆくゆくは独立開業する予定ですが、その知識も活かしながら定年準備、また定年後の人生をお考えのみなさんに有効な情報発信を行っていきたいと思います。

私自身が定年を視野に入れ、また様々な不安や問題を抱えていますので、それを解決していく経験も併せてノウハウとして蓄積し、発信していきたいと考えています。

また、私は昨年この年で会社勤めをしながら行政書士試験にチャレンジして、半年という短期間の学習で1発合格しました。私はどうしても合格したくて、勉強開始のスタートが遅れたのですが一生懸命勉強して、なんとかありがたいことに1発合格できました。

毎年4~5万人が受験して合格者が4千人程度、合格される方は何年も勉強してチャレンジしてこの資格を取られます。それを法律の素人の私が半年の勉強で1発合格したのです。どうもこの経験と学習法などがお役に立てるようですのでこの分野でも発信をするようにしました。現在私はすでに行政書士試験合格者で、行政書士会に登録すれば行政書士として開業できる状態にあります。

私は現役の会社員でありますし、私の会社は副業を認めていませんので独立開業するわけにはいきません。ですが、少しでも早く誰かのためになろうと発信を始めることにしたのが、この「定年サロン」なのです。

ご同輩に役に立つための情報発信が「定年サロン」

定年退職を視野に入れておられる方に、制度や手続きお金や保険家族の心配第2の人生

行政書士試験に合格を目指して勉強を頑張っている人

心の問題キャリアカウンセリングについてのいい知識

私のビジネス経験に基づくお役に立てる情報やトピックス

これから頑張ってどんどん様々な切り口で発信していきますので、ブックマークに保存してちょくちょく覗きに来てください!

今後お付き合いをどうかよろしくお願いします!

自己紹介定年後の不安行政書士と合格体験

 

八幡ココロ、定年サロンをよろしくお願いします!

 

 

(自己紹介を簡単に書けなかった書きさしです)

中学まで不良をしていた私がチョチョイと要領を発揮して地域の一番の進学校に合格。しかし落ちこぼれて学校にもなじめず。無事卒業を果たし日本国民を守る大義に燃え、海軍軍人になるために1浪して防衛大学校に1次試験は合格。が、面接論文身体検査で不合格となり大きな挫折。2浪したが全く勉強に気が入らず3流の私立大学にしか入れずまたもや挫折。麻雀に浸かってダラケタ学生生活を過ごす。

しかし2浪したおかげで就職が1990年のバブル期にあたり業界最大手の一部上場企業に新卒で入社。無邪気にお客様と業績のことだけを考えて仕事をしていたら伝説になるような新規採用の営業実績を幾つも成し遂げ、一目置かれる存在となり、有力上司にも引き上げてもらう。

41歳で早めに受けさせてもらった管理職登用試験では難関にもかかわらず一発合格。すぐ課長になるも、すぐ部長と揉めて社外出向で子会社の部長として赤字事業の再建に取り組む。そしてリーマンショックで本体に戻されれる。

・・・あとはまた機会があれば書きます・・・

2浪して1990年入社の54才。営業一筋で競合切り替え、新規採用の大商談を30代で連発。41才で管理職となり、M&Aした子会社に再建にも携わる。44歳で部長となり100名100億円のマネジメントなども経験。

しかし震災後の2012年、関東の売上がガタ落ちになり、経営からのプレッシャーによりブラックな先輩上司に私が責任を負わされた形で左遷。私はたぶんウツでした、大きな大きな転落、2013年の5月でした。

その後、岡山・広島で課長として、心を癒しつつ悠々と単身赴任を5年間。この時お城巡りを始め、釣りも本格的にやりました。人生の大切な豊かな趣味を得ました。

そこでも2件ほど大きな新規採用業績を作りましたが、私が気にかけ引き上げてきた部下にまさかのパワハラで訴えられる。

相手が悪かったとか、私への同情がほとんどの周りの声だったが、人事総務に一般職から訴えられたら仕方がない。相手に問題があるとして会社からパワハラ認定もされず懲戒も何もないが、営業部門が私を職場から引き離した。厄介払い、また子会社へ出向。

私の部下を見る目の甘さ、恩義や業績以上に自分の辛さに耐えられず相手を攻撃してしまう人の実体、結局自分が追い込んだこと、

大学4年の娘2人、1年の息子一人。

54才、勤続30年の現役サラリーマン。営業畑一本で新規採用の実績を多く出し一目置かれる存在に。早くに管理職となり出向して子会社を立て直したり、部長として100名100億円のマネジメントも経験。しかし震災後の業績不振を口実に以前からの私の生意気さによりアホたれ先輩の事業部長により左遷される。岡山・広島で課長として城巡りと釣りをしながら悠々と生活しながらも実力にものを言わせ大きな切り替え成果を出す。ここでまさかの引き上げて気をかけていた部下からパワハラで訴えられる。相手が悪いとパワハラ認定もされずペナルティもないが営業部門が私を厄介払い、子会社へ出向となる。そこでも任された事業のIoTの売上を前年2.5倍にし事業予算も達成。腕前は隠さず落とさず。1年で出向解除となるも、その先はマネジメントではなく部下もおらずプロジェクト的に一人で客先を担当。

そんな昨年子会社への出向中に行政書士の試験に合格。定年後を見据えての行政書士試験へのチャレンジだったが、半年必死で勉強したら一発で合格してしまったので、定年を待たずにも独り立ちしたい気持ちがムクムクと出てきている状態。今年は国家資格のキャリアコンサルタントを取得します。

タイトルとURLをコピーしました