おぅ、久しぶり!頑張ってるか!?

ビジネスサロン

こんにちは、八幡ココロです。

社員が一堂に集まれる機会って作るべきですね!

実は来週、私のいる業界で日本最大の展示会がありましてね、4~5万人の来場があるんです。私たちも力が入っていまして、私たちの会社のブースに来ていただけると約束していただいたお客様が約4,000名いらっしゃいまして、今日はその対応のための営業の説明と内覧会がありました。

今日は営業のマネージャー・リーダー中心に100名ほどが集まりました。先週は別の組で100名が集まってやっています。

いやあ、久しぶりに会う人間が集まっていますね、昔一緒に働いていたメンバーといっぱい会いました。今最前線で部長や課長やリーダーをしている、元部下(^^;

ほんと、今部長で忙しくして名前を売っている元部下や後輩、海外子会社で社長をしている後輩、いっぱしのリーダーで名前を売っている元部下であった当時の若手。

私に会ってびっくりして挨拶に来てくれる人がたくさんいて嬉しかったですよ(^^)なんせ私は最盛期というのが8年ほど前にあって、そのあと地方や子会社に行ったりして影を潜めていましたからね。

ま、私だけではありません。

久しぶりに会ったみんな同士が再結成しました

「お前どうしてる?お前どうしてる?」

「頑張ってるか?そうか!!」

って刺激しあってました。

コミュニケーションと情報収集して自分をモチベート

他の例でもいいますと、私の会社はある専門スキルに関してお客様に社員研修のようなものもしているのですが、そのお客様は全国に多くある事業所の研修対象者をあえて一堂に集め、3日間研修させて夜もフリーにしてあげることを意図してされています。

今後のこの専門スキルを持ったメンバー間の信頼関係を作って、ナレッジを効かせたり組織強化することを目的とされています。

一見非効率に見えるこのような場は、たまたまの場に見えるかもしれませんが、意図してこういう機会を作ってあげるってことが大切ですね。

限られた今の仕事上でのメールやミーティングのコミュニケ―ションとは全然違います。

お互いを思いやり、広い情報を得て自分のポジションを客観的にとらえ、やるべきことを再確認し、自分を鼓舞する、そんなタイミングになると思います。

インフォーマルなチームを認識して強化する

こういう時にね、今の組織上のフォーマルな組織や上下関係よりも、信頼関係に基づくインフォーマルな連結の強いチームができるんです。

その場に来ている実際の上司である現在の部長職などが近場の取り巻きだけで影を潜めているときに、本当の実力者や信頼を得ている人がメンバーに囲まれています。

そんなことがはっきりしますね。

これを読んでいただいている経営者やマネジメントの方は、こんな場を作られてインフォーマルな社員の信頼関係を強化する場を提供してあげることは大切だと思いますよ。

あなたはフォーマルでもインフォーマルでも信頼された方だとは思いますが、社員さんや部下の方向けにね。

 

ここにも社員同士の仲がいいことがいい会社だと言ってくれています‼👇

5分でわかる【変な人の書いた成功法則】(斎藤一人著)

 

(編集後記)

昨日ね、久しぶりにアップしたんですけど、これからもできるだけ毎日アップしていきたいと思います。

「ビジネスサロン」では経営者の方や起業家、マネジメント向けにお役に立てる内容、ビジネス現場での真実に迫る戦略や、実践的なノウハウや戦術、今回のようにちょっとした気づきなどをアップしていきます。

 

今日はこんな風なテーマでアップしましたが、私の個人的な今日の振り返りを書きますね。今日100名ほどと書きましたが、半分ほどは名前が分かります。多分8割くらいの人は私を知っているでしょう。

これが若手なら私も向こうも知りませんが、そこそこのリーダー以上が集まっていますんでね。この場に元部下が50人くらいいたかもしれません、そこにいる部長も課長も。なんせ延べ300名くらいは部下だったので。

私もね、離れていましたのでこんな場所に行くのも久しぶりだったんです。そしたら本当にたくさんの元部下や一緒に仕事をしたメンバーに寄って来られてね。

立派に成長した元部下や一緒に仕事をしたメンバーもいてね、声を掛けたら喜んでくれてね、今日は本当に懐かしかったし嬉しかった。

離れて8年、10年経っている元部下や一緒に仕事をしたメンバーがいます、本当に懐かしい。今じゃありません、昔一緒に必死で頑張ってきた同士です。私もいろいろありましたが、彼らにもいろいろあって、今40代で必死に頑張っている者も、50代で悩みながら必死で頑張っている者も。

私は仕事上のマネージャーであったりということをなげうってでも、悩んだり恐れたり不安になったりしながらも必死で頑張っている元同僚や元部下の力になりたい。

私は国家資格キャリアコンサルタントの養成講座を終了し、試験にも合格した有資格者として、彼らをカウンセリングして励まし前向きに頑張れるように支援したい。

私の本当の想いはそこにあります。

 

八幡ココロでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました